ご入居者様お一人お一人の心と身体に寄り添う介護を
グループホーム フレンド高の原

介護施設 空室状況一覧介護スタッフ募集中

フレンド高の原

施設長のこだわりポイント施設長

 朱雀地区の一員として地区の活動やイベントには積極的に参加し、地域住民の方々との 「ふれあい」を大切にしています。
 経験豊富なスタッフがお手伝いさせて頂きながら住み慣れた街で安心して生活して頂けるグループホームを目指しております。

フレンド高の原の外観写真

 フレンド高の原は奈良市北部に広がる住宅街の一角に、喫茶店のような佇まいで開設しております。ベランダや居間からは眼下に広がる住宅街や若草山が一望でき、とても景色が綺麗です。
 2012年4月には改修工事を行い、より快適で安心した生活を送って頂けるようになりました。皆さんの集うリビングも広くなり、卓球大会を催すことも。近所の喫茶店でティータイムをしたり、奈良公園までドライブをしたりと外出も楽しんでおります。

2003年9月開所 定員9名(1ユニット)

住所:〒631-0806 奈良県奈良市朱雀6丁目2-15
TEL:0742-70-5031
近鉄京都線高の原駅下車徒歩15分、又はバス停朱雀保育園下車徒歩0分

ご利用料金はこちらをクリック

地図はこちらをクリック

ホームでの生活

グループホームフレンド高の原から若草山の山焼きを楽しむ写真 グループホームフレンド高の原のお楽しみ食事の写真 グループホームフレンド高の原内でのレクリエーションの写真
楽しみな行事の一つ、若草山の山焼きが花火を合図に始まります。 今回のお楽しみ食事はバイキング。たこ焼きも出来ます。 レクリエーションでは、ぬり絵や体操などを楽しまれます。
奈良公園までドライブに行った写真 フレンド高の原近くの喫茶店での写真 公民館祭りに参加した時の写真
ドライブで奈良公園へ。女子学生のように話が弾みます。 近所の喫茶店でティータイム。何にしようかな? 近隣の公民館祭りに参加。お昼ごはんもここで頂きます。

認知症対応型グループホームとは

 認知症対応型グループホームとは、認知症と診断され、要支援2~要介護5までの独立した生活が出来なくなった高齢者の方たちが、ユニットケア(少人数で一つのグループを作って専門スタッフの支援を受ける形態)による一般住宅での共同生活を営むことをいいます。
 グループホーム フレンド高の原では「自立支援」を掲げ、出来ることはご入居者様自身にしていただきます。また、地域の一員として積極的に奈良市朱雀地区との関わりを持つようにイベントなどを通して交流を心がけています。